ザッパラスグループ (株)cocoloni(ココロニ)の企業向け占いサービス

電話03-5656-2761

占い・診断原稿提供サービス利用規約

第1条(利用規約の適用)

 株式会社cocoloni(以下「cocoloni」といいます。)は、cocoloniが提供する占い・診断原稿提供(以下「本サービス」といいます。)の利用に関して、以下のとおり利用規約(以下「本規約」といいます。)を定めます。
2 本サービスを利用する者(以下「利用者」といいます。)は、あらかじめ本規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。

第2条(本サービス)

 cocoloniは、利用者に対し、所定の本サービス発注書(以下「発注書」といいます。)に記載の利用先(以下「利用先」といいます。)に限って利用できる、専用の占い・診断原稿(以下「本件情報」といいます。)を所定の形式にて提供します。
2 利用者は、cocoloniに対して、本件情報提供の対価として、発注書に記載の利用料金を所定の方法により支払うものとします。

第3条(本サービスの発注)

 本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望者」といいます。)は、発注書に必要事項を正確に記載してcocoloniに通知を行うものとします。
2 cocoloniは、前項の申込があった場合、必要な審査を行った上で申込を承認するか否かを決定し、申込を承認する場合には、利用希望者が発注書に入力した電子メールアドレスあてに、審査の結果を通知するものとします。
3 前項の電子メールが到達した時点において、利用希望者とcocoloniとの間に本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)が成立するものとします。
4 本条第2項に定める審査として、cocoloniは利用者サイトの内容等について審査を行い、cocoloniが利用者による本サービスの利用を不適当と認めた場合には、申込を承諾しないことができるものとします。なお、申込を承諾しない場合、cocoloniはその理由等に関する利用希望者からの問合せには一切応じません。
5 利用者は、cocoloniが発行したIDを、第三者に知られないよう適切に管理するものとし、cocoloniは、本サービスの利用に際し、正しいIDが入力された場合、その者に本サービスの利用権限があるものとして取扱うものとします。

第4条(本サービスの利用中止要求)

 cocoloniは、利用先の内容変更その他の事由に基づくcocoloniの判断により、本サービス開始後といえども前条により承認した利用者による本サービス及び提供が完了している本件情報の利用をいつでも中止させることができるものとします。
2 利用者は、cocoloniが前項により本サービス及び提供が完了している本件情報の利用中止を求めた場合には、直ちに利用先における本件情報の掲載を中止しなければならないものとします。

第5条(禁止事項)

 利用者は、利用先に以下の情報を記載してはならないものとします。

第6条(本サービスの利用等に関する紛争)

 利用者は、本サービス及び本件情報の利用又は利用先に関して、第三者との間において生じた一切の紛争について、利用者の費用と及び責任をもって解決するものとし、cocoloniに一切の支障及び損害を及ぼさないものとします。

第7条(変更届出)

 利用者は、本件情報を掲載中の利用先の内容を変更した場合及びその商号又は名称、本店所在地又は住所、連絡先等、利用申込の際に申込書に入力した事項に変更があった場合、その旨及び変更の内容を、cocoloniが定める方法により遅滞なくcocoloniに届出なければならないものとします。cocoloniに変更を届出た事項について更に変更があったときも同様とします。
2 cocoloniは、前項の変更については、前項の届出がcocoloniに到達し、cocoloniが変更の事実を確認するまでは、変更のないものとして取扱うことができるものとし、これによって利用者に生じたいかなる損害についても一切責任を負わないものとします。

第8条(cocoloniからの通知)

 cocoloniからの通知は、cocoloniに登録された利用者の電子メールアドレスに電子メールを送信することによって行い、当該電子メールが通常到達すべき時に到達したものとみなします。

第9条(損害賠償)

 cocoloniは、cocoloniの責に帰すべき事由により利用者に損害が生じた場合、対象となる損害が発生した日が属する月から遡って1年間に、利用者がcocoloniに対して支払った本サービス提供に関する対価の総額の範囲で責任を負うものとします。ただし、第7条第2項、第15条第3項、及び第17条2項の損害については責任を負わないものとします。

第10条(権利の帰属)

 本件情報の著作権はcocoloni若しくはcocoloniが本件情報の提供を依頼した第三者に帰属します。

第11条(使用許諾)

 cocoloniは利用者に対し、利用先においてのみ本件情報を使用することを許諾します。ただし、著作権法第27条及び28条の権利を含む全ての著作権がcocoloni若しくはcocoloniが本件情報の提供を依頼した第三者に帰属するため、利用者は本件情報を翻訳、一部抜粋などの改変をして使用することはできないものとします。

第12条(提供方法と利用期間)

 本件情報は、発注書に記載の方法及び提供日に提供されます。
2 本サービスの利用期間は、発注書に記載する最終提供日をもって終了するものとします。ただし、最終提供日の記載がない場合には、終了を希望する日の1ヶ月前までにcocoloniに書面(電磁的方法を妨げない)にて通知し、承諾を得るものとします。

第13条(解除、期限の利益喪失)

 利用者が下記各号のいずれかに該当する場合には、cocoloniは、利用者に対する何らの通知、催告なしに、直ちにcocoloniと利用者との間で締結されているすべての契約の全部又は一部につき、その履行を停止し、又は契約を解除することができるものとし、それによる損害の賠償を利用者に請求することができるものとします。 2 利用者が前項各号のいずれかに該当する場合、利用者のcocoloniに対するすべての債務(本契約に基づく債務に限らない。)は当然に期限の利益を失い、利用者は直ちに債務全額を現金にてcocoloniに支払うものとします。

第14条(善管注意義務)

 利用者は、本サービスの利用期間中、善良なる管理者の注意をもって本件情報を使用するものとします。

第15条(反社会的勢力との取引の排除)

2 利用者及びcocoloniは、前項に関して相手方が行う調査に協力するものとします。
3 本条の違反により利用者又はcocoloniが本契約を解除した場合、当該解除をなした当事者はこれによる相手方の損害を賠償する責を負わないものとします。

第16条(秘密情報の取り扱い)

 利用者及びcocoloniは、本サービス利用に関連して相手方より提供を受けた技術上又は営業上その他業務上の情報(以下「秘密情報」といいます。)を第三者に開示又は漏洩しないものとします。ただし、相手方からあらかじめ書面による承諾を受けた場合及び次の各号のいずれかに該当する情報についてはこの限りではないものとします。 2 前項の定めにかかわらず、利用者及びcocoloniは、秘密情報のうち法令の定めに基づき又は権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先又は当該官公署に対し開示することができるものとします。この場合、利用者及びcocoloniは、関連法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨を相手方に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後すみやかにこれを行うものとします。
3 秘密情報の提供を受けた当事者は、当該秘密情報の管理に必要な措置を講ずるものとします。
4 秘密情報の提供を受けた当事者は、相手方の要請があったときは資料等(本条第4項に基づき相手方の承諾を得て複製、改変した秘密情報を含みます。)を相手方に返還し、秘密情報が利用者設備又は本サービス用設備に蓄積されている場合はこれを完全に消去するものとします。
5 本条の規定は、本サービス終了後も、2年間有効に存続するものとします。

第17条(不可抗力免責)

 cocoloniは、天災地変、戦争、暴動、内乱、テロ行為、法令の制定改廃、公権力による命令処分、ストライキ、その他の不可抗力等による本件情報提供の不履行についてはその責を負わないものとします。
2 cocoloniは、前項による本サービスの一時停止又は廃止により利用者に生じたいかなる損害について、一切の責任を負わないものとします。

第18条(権利義務等の譲渡禁止)

 利用者は、cocoloniの書面による事前の承諾なしに、本契約上の地位及び本契約によって生じる権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、又は担保に供してはならないものとします。

第19条(残存条項)

 本契約が終了した場合であっても、第61条(本サービスの利用等に関する紛争)、第10条(権利の帰属)、第16条(秘密情報の取り扱い)、第20条(可分性)、及び第21条(準拠法、合意管轄)の規定はなお有効に存続するものとします。

第20条(可分性)

 本契約の一部の定めが司法の判断、又は法令の制定若しくは改廃により無効とされた場合においても、その余の部分は本来の条項の趣旨を最大限実現するよう変更又は解釈されるものとし、本契約のその他の効力には何らの影響を与えないものとします。

第21条(準拠法、合意管轄)

 本契約の成立、効力、履行及び解釈については日本国法を準拠法とし、本契約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第12条(本規約の変更)

 cocoloniは、本規約の内容を、利用者に対する事前の通知なくいつでも変更できるものとします。
2 cocoloniは、前項による本規約の変更により利用者に生じたいかなる損害についても一切責任を負わないものとします。

以上

2019年4月19日 制定